トップページ > ウラタさんの西表島のサトウキビ刈り作業アルバイト体験談

ウラタさんの西表島のサトウキビ刈り作業アルバイト体験談
お名前 ウラタ
性 別
勤務地 沖縄県
時 給 日給5000円

●『沖縄県西表島のサトウキビ刈り』
シーズンは毎年1月頭〜4月頭(作物の出来で終了日は前後します)。現地ではキビ刈りと言い、沖縄本島以南にある八重山の島々では良質の砂糖を精製する為、機械ではなく人の手で刈り取る農法が盛んです。その事から八重山諸島の多くでは、キビ刈りアルバイト・ボランティアを雇う個人農家さんや、農家さんに人材派遣する元締め的団体が存在します。
その中で西表島には、【西表島農家援農環境ネットワーク】という農家さんを支援する団体があり、毎年11月から※アルバイトと※援農スタッフ、大学生ボランティアを募集して受け入れを行っています。

※『アルバイト』→キビ刈り処理ノルマがあり過酷ですが、日給5000円+食事無料+宿泊無料などがあります。約3ヶ月間を通して出来る運動部系の男子を募集していると思います。

※『援農スタッフ』→過酷なノルマはありませんが、代わりに給料無しのボランテイアです。食事無料+宿泊無料などはあります。約10日間以上一生懸命出来る男女どなたでも募集していると思います。

★西表島農家援農環境ネットワークさんでは全て電話審査等がありますので、詳しい事を知りたい方はTEL/090−6862−4314(担当者/佐藤ゆずる)へご連絡下さい。


●『西表島キビ刈りアルバイトの環境』
1・2月の西表島は、平均13度前後の気温といえど太陽が出ていない風の強い日は、体感温度が10度以下になりますので上着等長袖服は必要です。しかし3月に入ると初夏のような陽気になってきますので毎日Tシャツ短パンで過ごす事が出来ます。ハブも2月位から畑で見る事はありますが、近年ハブに咬まれて死ぬ人はいないとの話です。もしも咬まれた時にはドクターコトー診療所みたいな診療所が港近くにありますので、血清を打ってもらえます。
冬の西表島では雨が良く降りますので、仕事はカッパを着ての作業が多くなります。

●『西表島キビ刈りアルバイトの仕事』
仕事のやり方は派遣先の農家さんごとに多少違いますが、基本は軽めの手斧を振るいキビを倒し積み上げる事と二股の付いたカマでキビに付いている葉っぱや糖分の少ない初頭部を切り落とす事、処理したキビをある程度の一塊にまとめて縛っておく事です。
毎日泥と汗にまみれて疲れ果て最初の1ヶ月間は筋肉痛に泣きますが、土に触れ西表島の自然や人間くさい文化にどっぷりと浸かっていれば、人間は動物なんだ!というリアルな充実感とこの世界に自分が生きている事を確信させてくれます。   

●『西表島キビ刈りアルバイトの生活』
西表島農家援農環境ネットワークさんでは、農宿さとうきび畑という素泊まり1500円のゲストハウスを運営されていて、1月のキビ刈りシーズンから3ヶ月間はキビ刈りで働く人達の共同宿舎に代わります。
多い時は男女2・30人の大学生ボランティア達とアルバイトが、当番制で食事を作りながら楽しい共同生活を送ります。気の会う人を見つけて泡盛片手に毎晩宴会をする事も可能です。数名は直接農家さんに住み込みしますので、農家さん一家との沖縄生活を満喫する事ができます。
だいたい週1回はお休みを頂けるので、疲れた体を癒したりカヌーに乗って遊んだり釣りをしたりと、自分の時間を作る事ができます。

●『キビ刈りアルバイトを希望する方へ』
まず、今まで運動をされていない方や体を鍛えていない普通の方は、いきなりアルバイトをするのは難しいと思って下さい。どうしても体験されたいという方はまずボランティアを経験された方が良いでしょう。
アルバイトには3ヶ月間を通して一日平均1トン以上処理するというノルマがあります。1人あたり1トン以上処理してもらわないと利益が無く雇い主は赤字になってしまうからです。
初めてキビ刈りをする人は要領がわからないのと専用の筋肉が無い為、1ヶ月目は約0.5トン位しか処理できませんが、2ヶ月目には約1トン3ヶ月目には約1.5トンと、3ヶ月間を通して一日平均1トン以上を処理できる体になっていきます。筋肉ムキムキになりますよ!
直接農家さんに雇われて沖縄の生活に溶け込みたい方は、インターネット募集もありますがキビ刈りのシーズンに現地の島々へ行くと人手の足りない農家さんがよく人を探していますので、各島にある製糖工場・農協・食堂・宿屋等で聞いてみると良いでしょう。または畑で農家さんに直聞きしてみて下さい。

●『キビ刈り筋肉のつけ方』
電話等によりキビ刈りアルバイトが決まった方は、いきなりキビ刈りをして体を壊さないように、トレーニングをして体を慣らしておいた方が良いと思います。
まず、手斧によるキビ倒し作業には、ビールの大ビン等に水を入れ、肩幅より少し足を広げて腰を落とし脇をしめ地面に向かって縦に振り下ろし、地面手前で寸止めする素振りを連続して行います。ビンを使う時は割らない様に注意して下さい。
カマによる葉かさぎ作業には、ゴムチューブ等を用意し体の前に両手を伸ばして少し曲げた状態で、両手に持ったゴムチューブを左右に連続して引っ張り合います。その際カマを持つ利き腕の手の甲は上にキビを持つ方の手の甲は下に向けておきます。

管理人のコメント
かなり詳細な情報提供、ありがとうございます。

『お金の為』と言うよりは、文化に触れたり経験地を増やすアルバイトなのかも知れませんね。貴重な体験が出来るのではないでしょうか。最近では沖縄や諸島に移住を希望している人も増えているけれど、仕事の数が足りなかったり、住む家が見つからなかったり、文化の違いに戸惑ったりする人も多いと聞いています。移住希望の方も、リサーチの意味でも季節労働のキビ狩りなんていいかもしれませんね。

なお、ウラタさんはブログでもキビ狩りバイトの体験等を公開していますので、参考にしてください。

http://d-works.at.webry.info/




トップページに戻る