トップページ > 面接の注意事項

アルバイト 面接の注意事項
▼ 最低限の身だしなみを

たとえば、あなたがファミレスの店長をしていたとします。アルバイトの面接に来た人が、髪はボサボサ、汚れた服を着ています。調理場で雇いたいと思いますか?『スマイル0円』のカウンターで使ってみたいと思いますか?

面接を担当する人も、面接に来る人が緊張している事くらいはわかります。多少、言葉を間違えたりするのは大目に見てくれるでしょうが、身だしなみだけは別問題です。最低限、他人を不愉快にさせない身だしなみは必要になります。

男性だったら、ヒゲをきちんと剃ったり、女性の場合は派手過ぎていないかなど、面接に行く前に、もう一度チェックしてみましょう。



▼ 面接に遅刻は『論外』

当たり前の話ですが、面接の約束の時間に遅れて行くのは『論外』です。面接に遅れる人が、勤務にちゃんと来るとは到底考えられません。

早すぎるのもあまり良くはありませんが、10分前には到着しているように心がけましょう。



▼ 面接では、あなたも面接官です

面接は、店(会社)があなたを見るものではありますが、同時に、あなたが店(会社)を見る機会でもあります。

店や担当者に対して、あまり言い印象を持たなかった場合、セクハラまがいな事を言われた時etc・・・、後日電話で辞退してもいいと思います。イヤイヤながら仕事をしても、いい仕事は出来ないでしょう。店にとっても、あなたにとってもいいことではありません。

また、条件等も確認のために質問しておきましょう。仕事内容、交通費の有無、出勤日数、勤務時の服装、制服の有無など、聞いてもいいと思います。


NEXT:不採用になったら



トップページに戻る